一級土木技術検定実地試験に向けての対策ブログ

届出を必要とする「枠組足場」決まり 3つ

①高さ2m以上の箇所で作業を行う場合で、作業員が墜落する恐れのあるときは、足場を組み立てるなどの方法により作業床を設ける必要がある。

②足場の高さが10m以上で、かつ、組立開始から解体までの期間が60日以上のものを設置し、移転し、またはこれらの主要構造部を変更するときは、所轄労働基準監督署長に、足場の計画概要(工程表、足場の部材明細書)、足場の種類と構造、組立図および配置図、計画参画者の資格および経歴の証明などを提出しなければならない。

③足場の高さとは、地上からの高さでなく、足場設置の最下端より最上段手すり上端までの高さである。また、足場の高さが一律でない場合、最も高くなる高さが対象となる。

 

暗記リストへのリンク

testing.hatenadiary.jp