一級土木技術検定実地試験に向けての対策ブログ

足場における作業床の留意点 4つ

①足場の高さが2m以上の作業場所には、作業床を設けなければならない。

②床材の幅は40cm以上とし、床材間の隙間は3cm以下とする。ただし、吊り足場にあっては隙間がないようにする。

③墜落による危険の予測される箇所については、次の設備を設ける。

 ・枠組足場の場合

  交差筋かいおよび高さ15cm以上40cm以下の位置へ中さん、

  もしくは高さ15cm以上の幅木等または手すり枠

 ・枠組足場以外の足場の場合

  高さ85cm以上の手すり等および中さん

④物体の落下防止措置として、高さ10cm以上の幅木、メッシュシートもしくは防網等を設ける。

 

暗記リストへのリンク

testing.hatenadiary.jp