一級土木技術検定実地試験に向けての対策ブログ

暑中コンクリート、寒中コンクリート、マスコンクリートの定義と施工時の留意点

暑中コンクリート

定義

日平均気温25℃を超えるときは暑中コンクリートである。

留意点

必須
  • AE減水剤の遅延型を用いる
  • 単位水量、単位セメント量は最少とする
任意
  • コンクリートの打込み温度は35℃以下とする
  • コンクリートの練混ぜ~打込み終了まで1.5時間以内とする
  • 吸水のおそれのある型枠、地盤は散水して湿潤状態にする

 

寒中コンクリート

定義

日平均気温4℃以下のときは寒中コンクリートである。

留意点

必須
  • -3℃以下では給熱養生して養生温度を5~20℃に保つ
  • 単位水量は最少とする
任意
  • 強度5N/mm2まで5℃以上を保ち、その後2日間は0℃以上を保つ
  • 打込み温度は5~20℃の範囲とし、一般に10℃を標準とする
  • 材料は加熱して用いるがセメントは加熱不可
  • AEコンクリートとする。混合セメントは不可

 

マスコンクリート 

留意点

施工計画・打込み時
  • 単位セメント量、単位水量をできるだけ少なくし、AE減水剤遅延型を用いる。
  • ひび割れ誘発目地は、ひび割れが発生しても構造上影響のない位置に設ける。
  • あらかじめ温度ひび割れに関する検討事項に基づき計画されたリフト高さ、継目位置・構造、打継時間間隔を遵守する。
  • 保温性の良い型枠を使用し、型枠の存置期間を通常より長くする。
  • 打込み温度はあらかじめ計画された温度を超えてはならない。

 

養生時
  • パイプクーリングの通水温度が低すぎるとひび割れの発生を助長することがあるので、コンクリートと通水温度の差は20℃以下とする。
  • コンクリート部材内外の温度差が大きくならないよう、コンクリート温度をできるだけ緩やかに外気温に近づける。
  • 型枠取外し後もコンクリート表面の急冷を避けるため、シート等によるコンクリート表面の保温を継続する。

 

その他(暑中コンクリートと寒中コンクリートの区分)

f:id:masa_mn:20170718083324p:plain

 

暗記リストへのリンク

testing.hatenadiary.jp