一級土木技術検定実地試験に向けての対策ブログ

暑中コンクリート、寒中コンクリートの定義と施工時の留意点

暑中コンクリート

定義

日平均気温25℃を超えるときは暑中コンクリートである。

留意点

必須
  • AE減水剤の遅延型を用いる
  • 単位水量、単位セメント量は最少とする
任意
  • コンクリートの打込み温度は35℃以下とする
  • コンクリートの練混ぜ~打込み終了まで1.5時間以内とする
  • 吸水のおそれのある型枠、地盤は散水して湿潤状態にする

 

寒中コンクリート

定義

日平均気温4℃以下のときは寒中コンクリートである。

留意点

必須
  • -3℃以下では給熱養生して養生温度を5~20℃に保つ
  • 単位水量は最少とする
任意
  • 強度5N/mm2まで5℃以上を保ち、その後2日間は0℃以上を保つ
  • 打込み温度は5~20℃の範囲とし、一般に10℃を標準とする
  • 材料は加熱して用いるがセメントは加熱不可
  • AEコンクリートとする。混合セメントは不可

 

その他(暑中コンクリートと寒中コンクリートの区分)

f:id:masa_mn:20170718083324p:plain