一級土木技術検定実地試験に向けての対策ブログ

騒音振動法、振動規制法で留意する事項 H20問6

  • 建設工事の騒音、振動対策については、騒音、振動の大きさを下げるほか、(イ)を短縮するなど住民の生活環境への影響を小さくするように検討しなければならない。
  • 建設工事の計画、設計にあたっては工事現場周辺の立地条件を調査し、騒音、振動を低減するような施工方法(ロ)にの選択について検討しなければならない。
  • 建設工事の施工にあたっては、設計時に考慮された騒音、振動対策をさらに検討し、確実に実施するものとする。なお、建設機械の運転においても(ハ)による騒音、振動が発生しないように点検、整備を十分に行うとともに、作業待ち時には、(ニ)をできる限り止めるようにする。
  • 建設工事の実施にあたっては、必要に応じ工事の目的、内容について事前に(ホ)に対して説明を行い、工事の実施に協力を得られるように努めるものとする。

 

太字:合わせて覚えておきたいところ

 

 

 

回答

(イ):発生期間

(ロ):施工機械

(ハ):整備不良

(ニ):エンジン

(ホ)地域住民