一級土木技術検定実地試験に向けての対策ブログ

建設発生土の現場利用の留意点 H28問2

  • 高含水比状態にある材料あるいは強度の不足するおそれのある材料を盛土材料として利用する場合、一般に天日乾燥などによる(イ)処理が行われる。天日乾燥などによる(イ)処理が困難な場合、できるだけ場内で有効活用するために、固化材による安定処理が行われている。
  • 一般に安定処理に用いられる固化材は、(ロ)固化材や石灰・石灰系固化材であり、石灰・石灰系固化材は改良対象土質の範囲が広く、粘性土で特にトラフィカビリティーの改良目的とするときには、改良効果が早期に期待できる(ハ)による安定処理が望ましい。
  • 安定処理の施工上の留意点として、石灰・石灰系固化材の場合、白色粉末の石灰は作業中に粉じんが発生すると、作業者のみならず近隣にも影響を与えるので、作業の際は風速、(ニ)に注意し、粉じんの発生を極力抑えるようにして、作業者はマスク、粉じんメガネを使用する。石灰・石灰系固化材と土との反応はかなり緩慢なため、十分な(ホ)期間が必要である。 

 

 

太字:合わせて覚えたいおきたいところ

 

 

 

 

 

回答

(イ):脱水

(ロ):セメント

(ハ):石灰

(ニ):風向き

(ホ):養生