一級土木技術検定実地試験に向けての対策ブログ

【穴埋め】土留め壁を設ける際の留意点 H20問2-1

  • 土留め壁の根入れ長を慣用法によって求める場合には、次の4つの長さのうち最も長いものとする。
  1. 根入れ部の土圧および(イ)に対する安定から必要となる根入れ長
  2. 土留め壁の許容鉛直支持力から定まる根入れ長
  3. 掘削底面の安定から必要となる根入れ長
  4. 土留め壁タイプごとに決められている最小根入れ長
  • 土留め壁内部の掘削の進行に伴い、掘削底面の安定が損なわれる変状現象としては、地下水が高く緩い砂質土の場合には(ロ)、柔かい粘性土の場合には(ハ)、掘削底面付近に難透水層、その下に被圧透水層が形成される場合には番ぶくれの各現象があり、それぞれの地質や状況に適合する現象について検討を行う必要がある。
  • 土留め壁を設ける地盤が特に軟弱で、地下水位が高く、土留め壁や掘削底面の安定が確保できない場合には、適切な補助工法などを採用するのが良い。一般に、土留め工に用いられる補助工法としては、地下水位を下げる地下水位低下工法((ニ)ディープウェル)、地盤の止水性や強度の増加をはかる(ホ)工法(溶液形、懸濁液形)、深層混合処理工法、生石灰杭工法等がある。

 

 

回答

(イ):水圧

(ロ):ボイリング

(ハ):ヒービング

(ニ):ウェルポイント

(ホ):薬液注入

 

過去問まとめへのリンク

testing.hatenadiary.jp