一級土木技術検定実地試験に向けての対策ブログ

【記述】コンクリートに関する不適切箇所の訂正 H23問3-1、H22問3-1

【施工】

下記の記述として適切ではないものを選び、訂正しなさい。 

 

  1. コンクリートは、沈下ひび割れ、プラスティック収縮ひび割れ、温度ひび割れ、自己収縮ひび割れあるいは乾燥収縮ひび割れなどの発生ができるだけ少ないものでなければならない。
  2. コンクリート施工段階に発生する主なひび割れとしては、沈下ひび割れやプラスティック収縮ひび割れがあり、沈下ひび割れを防ぐためには、凝結効果を有する混和材料を用いることが有効である。
  3. 乾燥収縮の抑制には、単位水量をできるだけ少なくすること、また、吸水率の大きい骨材やヤング係数の小さい骨材を使用しない。
  4. マスコンクリートでは、温度ひび割れ防止の観点から、中庸熱ポルトランドセメントのような低発熱型のセメントを用いることが望ましい。
  5. 表面のひび割れが少なく、耐久性や水密性に優れたコンクリート構造物を構築するには、運搬、打ち込み、締固めなどの作業に適する範囲内で、できるだけ単位水量を少なくし、材料分離の少ないコンクリートを使用する。
  6. 再振動を適切な時期に行うと、コンクリートは再び流動性を帯びてコンクリート中にできた空隙や余剰水が少なくなり、コンクリートの強度や沈下ひび割れの防止などに効果があるため、再振動はできるだけ早い時期がよい。
  7. 仕上げ作業後、コンクリートが固まり始めるまでの間に発生したひび割れは、散水または再仕上げによって修復しなければならない。
  8. ブリーディングが発生している段階で過度にならしを行うと、表面近くにセメントペーストが集まって温度ひび割れが発生しやすい。
  9. 打上り面の表面仕上げの金ごてをかける時期は、コンクリートの配合、天候、気温などによって相違するが、指で押しても凹みにくい程度に固まったときが目安となる。
  10. コンクリートの露出面は、表面を荒らさないで作業できる程度に硬化した後に、養生マット、布などをぬらしたもので覆うか、または散水、湛水を行い、湿潤状態に保たなければならない。

 

 

 

回答

2.誤:凝結効果 → 正:減水効果

減水効果が必要な理由

水分は蒸発や水和により体積が減少し、そのためにひび割れを誘発するため。

そもそもひび割れの根本を絶つために水分は少ない方が良い。

 

6.誤:できるだけ早い時期 → 正:できるだけ遅い時期

できるだけ遅い時期にすべき理由

遅い時期に実施したほうが圧縮強度が約1割ほど増加するという報告がある。

 

7.誤:散水 → 正:タンピング

タンピングとは

コンクリート表面をタンパーという道具で繰り返し叩いて、締め固める作業のこと。

タンピングとは | 建設・設備求人データベース

 

▼タンパー

f:id:masa_mn:20170728083019j:plain

 

8.誤:温度ひび割れ → 正:乾燥ひび割れ

乾燥ひび割れが生じる機構

ブリーディング水量 < 蒸発による逸散する水量となった場合、ブリーディング水が発生する時期はコンクリートが未硬化であるため引張強度が弱いためにひび割れが生じる。

 

【締固めおよび仕上げ】

下記の記述として適切ではないものを選び、訂正しなさい。

 

  1. 打ち込んだコンクリートの水分が型枠に吸われると、よい仕上り面が得られないことが多いため、吸水するおそれのある部分はあらかじめ湿らせておく。
  2. シュートを用いる場合には、材料分離を防ぐために縦シュートを使用することを標準とし、斜めシュートを用いる場合には、シュートの傾きを水平0.5に対して鉛直1程度を標準とする。
  3. コンクリートは、打上り面がほぼ水平になるように打込むことを原則とし、コンクリート1層の厚さは、使用する内部振動機の性能などを考慮して40~50cm以下を標準とする。
  4. コンクリートを2層以上に分けて打ち込む場合、各層相互が一体となるよう許容打ち重ね時間間隔の標準が定められており、外気温が25°以下の場合には2.5時間、25°を超える場合2.0時間以内とされている。
  5. コンクリートの打ち上り速度は、一般の場合には30分あたり1.0~1.5m程度を標準とする。
  6. スラブまたははりのコンクリートが壁または柱のコンクリートと連続している場合には、沈下ひび割れを防止するために、連続してなるべく速やかにコンクリートを打ち込むことを標準とする。
  7. 締固めにあたっては、上下層が一体となるように、内部振動機を下層のコンクリート中に5cm程度挿入する。
  8. 一箇所あたりの締固め時間の目安は一般には5~15秒程度であり、表面に光沢が現れてコンクリート全体が均一に溶け合ったように見えることを確認したら、内部振動機をできるだけすばやく引き抜く。
  9. 仕上げ作業後、コンクリートが固まり始めるまでの間に発生したひび割れはこてによるタンピングまたは再仕上げによって修復する。
  10. 滑らかで密実な表面を必要とする場合には、作業が可能な範囲内で、できるだけ遅い時期に、金ごてで強い力を加えてコンクリート表面を仕上げる。

 

 

回答

2.誤:水平0.5 → 正:水平2

6.誤:連続してなるべく速やか → 正:一旦中止し、材料の沈下が終了後

7.誤:5cm → 正:10cm

8.誤:なるべくすばやく → 正:ゆっくりと後が残らないように