一級土木技術検定実地試験に向けての対策ブログ

型枠支保工、足場工に関する事項の不適切箇所の訂正 H27問5

  1. 型枠支保工の設計では、設計荷重として型枠支保工が支える物の重量に相当する荷重に型枠1m^2につき100kg以上の荷重を加えた荷重を考慮する。
  2. 型枠支保工に鋼管(パイプサポートを除く)を支柱として用いる場合は、高さ2m以内ごとに鉛直つなぎを2方向に設ける。
  3. 型枠支保工の材料については、著しい損傷、変形または腐食があるものを使用してはならない。
  4. 鋼管足場の作業床には、高さ75cm以上の手すりまたはこれと同等以上の機能を有する設備および中さん等を設ける。
  5. 鋼管足場の作業床の幅は40cm以上とし、床材間のすき間は3cm以下とする。
  6. 鋼管足場の建地間の積載荷重は、500kgを限度とする。
  7. 枠組足場では、最上層および5層以内ごとに筋かいを設ける。

 

 

 

回答

1.100kg → 150kg

2.鉛直 → 水平

4.高さ75cm以上 → 高さ85cm以上

6.500kg → 400kg

 

 関連記事へのリンク(枠組足場)

testing.hatenadiary.jp

testing.hatenadiary.jp

 

過去問まとめへのリンク

testing.hatenadiary.jp