一級土木技術検定実地試験に向けての対策ブログ

【穴埋め】労働安全衛生規則の定めにより事業者が行わなければならない明り掘削の安全管理について H23問5-1

  • 明り掘削の作業を行う場所については、当該作業を安全に行うために、照明設備等を設置し、必要な(イ)を保持しなければならない。
  • 地山の崩壊、または土石の落下による労働者の危険を防止するため、点検者(ロ)し、作業箇所およびその周辺の地山について、その日の作業を開始する前に地山を点検しなければならない
  • 作業を行う場合において地山の崩壊、または土石の落下により労働者に危険を及ぼすおそれのあるときは、あらかじめ(ハ)を設け、防護網を張り労働者の立入りを禁止する等の措置を講じなければならない。
  • 掘削面の高さが(二)以上となる地山の掘削の作業の場合、地山の(ホ)を選任しなければならない。

太字:合わせて覚えておきたいところ

 

  

回答

(イ):照度

(ロ):指名

(ハ):土止め支保工(土留め支保工)

(二):2m

(ホ):掘削作業主任者

 

過去問まとめへのリンク

testing.hatenadiary.jp