一級土木技術検定実地試験に向けての対策ブログ

【記述】移動式クレーンで仮設材撤去時の「労働安全衛生規則・クレーン等安全規則」による労働災害防止対策 H28問10

  • アウトリガを最大限に張り出さなければならない。
  • 定格荷重を超える荷重を掛けて使用してはならない。
  • 明細書に記載されているジブの傾斜角の範囲を超えて使用してはならない。
  • 強風のため移動式クレーンに係る作業の実施について危険が予想されるときは、当該作業を中止しなければならない。
  • 設置場所の地盤反力が確保されているか確認しなければならない。
  • 移動式クレーンの運転者を荷をつったままで運転位置から離れさせてはならない。
  • 移動式クレーン移動式クレーン検査証を備え付けておかなければならない。
  • 運転者および玉掛けを行う者が当該移動式クレーンの定格荷重を常時知ることができるよう、表示その他の措置を講じなければならない。
  • 移動式クレーンの上部旋回体と接触することにより、労働者に危険が生ずるおそれのある箇所に労働者を立入らせてはならない。
  • 荷をつり上げる時は、外れ止め装置を使用しなければならない。

太字:比較的覚えておきやすいもの