一級土木技術検定実地試験に向けての対策ブログ

試験直前に見直しておきたいリンクのまとめ

一級土木の実地まであとわずかですね!

試験後に「試験前にあの内容見返してたら回答が違ってたのに…」って思うことは少なくないと思います。そうならないように覚え抜けやすい分野・得点源として外せない分野・自分の苦手分野についてのリンクを貼っておいて、前日に解き直そうと思っています。

良かったら参考になればと思っています。

一緒に合格しましょう。

 

f:id:masa_mn:20170923095113p:plain

覚え抜けやすい分野

testing.hatenadiary.jp

コメント

  • どちらも「継手は同一断面に集めないこと」が留意点となるので覚えておくと便利。
  • 重ね継手だけ継手長さを品質管理として要求されるので覚えておくと便利。反対にガス圧接継手は圧接部の形状(ふくらみ、長さ、偏心)が要求される。
  • ガス圧接は作業主任者を配置するべき作業で、なおかつ作業主任者を配置する業務で技能講習ではなく、免許を要する作業。免許を要する作業は2つしかないうちの1つで、もう一つは高圧室内作業。
  • ガス圧接は当然「溶接」なので、「強風時・降雨時・気温0°以下では作業しない」が留意点。

 

testing.hatenadiary.jp

コメント

  • 穴埋め・記述・不適切箇所の訂正の全ての問題で関わってくる数字について復習したほうが良いでしょう。数字ごとに一括で覚えておいた方がコスパ良し!

 

testing.hatenadiary.jp

コメント

  • 土工では盛土とか切土が頻出なので復習しておいてほうが良いと思います。盛土の敷均しでも留意点は知っていれば割と回答しやすいのでコスパの高い問題に思います。

 

testing.hatenadiary.jp

コメント

  • 法面の種類(長大な法面、崩壊が予想される法面、しらす・まさ土、土の法面)に応じて対処が違うので覚えておくべき。

 

testing.hatenadiary.jp

testing.hatenadiary.jp

コメント

  • 土止め支保工・土石流の安全対策は土工の中では頻出単元なのでそれぞれの留意点は押さえておくべき。

 

 

得点源として外せない分野

testing.hatenadiary.jp

testing.hatenadiary.jp

testing.hatenadiary.jp

コメント

  • 安全の基礎となる問題なので貼っておきます。
  • それぞれの単語には名詞が対になっているので覚えておきましょう。誘導者ー配置、点検者ー指名、作業主任者ー選任。
  • 安全の問題で回答を考えるときに考えるキーワードは①頭上、足元の安全、②照度、③速度、④荷重、角度、⑤誘導員、⑥周知でこれらから派生させていけばだいたい答えられる気がします。

 

testing.hatenadiary.jp

コメント

  • コンクリートは基本的に得点源と考えています。暑中コン・寒中コン・マスコンのどれかはかなりの高確率で出題されると思うので選びました。試験直前に見直すべき内容であると考えています。

 

testing.hatenadiary.jp

コメント

  • 環境は覚える範囲が狭いうえに分かりやすい内容なので今一度復習すべき。特に数字・用語は混同してしまうので要注意。

 

 

自分の苦手分野

testing.hatenadiary.jp

コメント

  • 似たような検査方法が多くて面倒です。しかしそれなりの頻度で出題されるので選びました。2016年に出題されたので「連続では出題されない!」と考えるのであればスルーでOKです。