一級土木技術検定実地試験に向けての対策ブログ

2017-09-17から1日間の記事一覧

【記述】盛土施工における品質管理の試験/測定方法について内容/特徴を2つ記載 H26問4-2

①締固め試験 土の含水比を変化させて乾燥密度と含水比の関係の締固め曲線を作成することにより、最大乾燥密度と最適含水比を求める試験。 ②コンシステンシー試験 土の液性限界、塑性限界となるときの含水比を求める試験。 ③平板載荷試験 原地盤に設置した剛…

【記述】山留工法施工時に掘削底面の破壊現象とその内容・対策方法 H26問2-2

ヒービング 現象 粘性土地盤において、土留背面の土の重量や上載荷重などにより、背面の土砂が回り込んで掘削底面の隆起や周辺地盤の沈下が生じ、土留め壁の崩壊に至ること。 対策 土留壁の根入れ長さを長くする。 土留め壁の剛性を増す。 地盤改良して地盤…

【記述】 バックホウを用いて地山掘削するときの予想される災害とその防止対策について H27問10

バックホウの足元が緩み転倒 敷き鉄板を敷いて補強し安定を図る。 バックホウとの接触 旋回範囲内への立入りを禁止する。 地山崩壊による被災 地山の地質に応じた掘削勾配を順守する。 湧水、地山の緩み、異常変位の場合は作業中止・避難する。 バックホウが…

【記述】盛土の締固め管理の4つの方法と特徴 H28問10

①現場密度規定 現場で締固めた土の乾燥密度と、基準の締固め試験の最大乾燥密度との比である締固め度を規定する方法。最も一般的な方法で、自然含水比の比較的低い砂質土に適し、自然含水比の高い粘性土には適さない。 ②空気間隙率規定・飽和度規定 締め固め…