一級土木技術検定実地試験に向けての対策ブログ

土工

【穴埋め】鋼矢板土留め工による掘削時の留意事項 H24問2-1

掘削の進行に伴い、掘削面側と鋼矢板土留め壁背面側の力の不均衡が増大し、掘削底面の(イ)が損なわれると地盤の状況に応じた種々の現象が発生する。 透水性の大きい砂質土地盤で鋼矢板土留め壁を用いて掘削する場合は、掘削の進行に伴って土留め壁背面側と…

【穴埋め】盛土施工時の留意点 H25問2-1、H23問2-1

盛土施工中の法面の一部に水が集中すると、盛土の安定に悪影響を及ぼすので、法肩部をソイルセメントなどで仮に固め、適当な間隔で法面に(イ)を設けて雨水を法尻に導くようにする。 盛土内に雨水が浸透し土が軟弱化するのを防ぐためには、盛土面に(ロ)%…

【穴埋め】土工に関する各種留意点 H26問2-1

環境保全の観点から、盛土の構築にあたっては建設発生土を有効利用することが望ましく、建設発生土は、その性状や(イ)指数により第1種建設発生土から第4種建設発生土に分類される。 安定が懸念される材料は、盛土法面勾配の変更、(ロ)補強盛土やサンドイ…

【記述】接続部の段差などの変状を抑制するための施工上留意すべき事項 H27問7

裏込め材料は透水性がよく、圧縮性の小さい土を用いる。 降雨等の悪天候時の締固め作業は避ける。 施工中は雨水などの浸入防止のため、仮排水溝や表層処理等を行い、軟弱化を防止する。 排水孔や水抜き孔を設ける。擁壁等に設ける水抜き孔は、裏込め材料など…

【記述】仮排水の目的と施工時留意点 H28問7

仮排水の目的 雨水その他の地表水が法面へ流下することによる法面浸食を防止すること。 雨水が盛土内に浸透し、盛土材料の含水比を上昇させてせん断強度の低下をきたすことを防止するため。 施工地盤の含水比の上昇による施工機械のトラフィカビリティの低下…

【穴埋め】建設発生土の現場利用の留意点 H28問2

高含水比状態にある材料あるいは強度の不足するおそれのある材料を盛土材料として利用する場合、一般に天日乾燥などによる(イ)処理が行われる。天日乾燥などによる(イ)処理が困難な場合、できるだけ場内で有効活用するために、固化材による安定処理が行…

【記述】6用語と記載すべき内容 H28問題11、H25問題6-2

現場組織表:現場代理人、監理技術者・主任技術者、下請会社、緊急連絡先 主要船舶機械:主要機械の名称・規格・性能・数量・単位 施工方法:主要工種ごとの作業フロー、工事箇所の作業環境や主要な工種の施工実施時期、制約条件、使用機械、仮設備の構造・…

土止め支保工の条件 9つ

①土止め杭または鋼矢板のつりあい深さの計算は、掘削完了時および最下段の切梁設置直前の両者について行い、大きい方の根入れ長とする。 ②根入れ長は親杭の場合において1.5m、鋼矢板の場合においては3.0mを下回ってはいけない。 ③親杭横矢板工法に用いる親杭…

土石流に対する安全対策 事前調査4つ 現場管理8つ

(1)事前調査 ①工事対象渓流並びに周辺流域について、気象特性や地形特性、土砂災害危険箇所の分布、過去に発生した土砂災害状況等、流域状況を調査する。 ②事前調査に基づき、土石流発生の可能性について検討し、その結果に基づき上流の監視方法、情報伝達方…

盛土で建設発生土の利用時の留意点 5つ

材料系 ①自然含水比が高い建設発生土を使用する場合は水切りや天日乾燥を行う。 ②路床土に第3種、第4種の建設発生土を使用する場合は、セメントや石灰などによる安定処理を行う。 河川堤防系 ③安定処理した建設発生土を河川堤防の盛土材料として使用する場合…

盛土材料の基本条件 4つ

①トラフィカビリティが良く、施工性が高いこと ②せん断強さがあり、圧縮性が小さく、浸食に対して強いこと ③木の根、草など有機物を含まない材料を用いる ④膨張性の大きい5つの土は用いない 1)ベントナイト、2)有機土、3)温泉余土、4)凍土、5)酸性白土 暗記…