一級土木技術検定実地試験に向けての対策ブログ

【記述】掘削面の高さが2m以上となる地山の明り掘削において労働安全衛生規則に基づき事業者が実施すべき措置 H21問5-2

掘削面の高さが2m以上となる地山の明り掘削において労働安全衛生規則に基づき事業者が実施すべき措置

  • 地山の掘削作業主任者を選任し、作業の直接指揮、器具・工具の点検等を行わせる。
  • 点検者を指名して①その日の作業を開始する前、②大雨の後および中震以上の地震の後、③発破の後に点検させる。
  • 当該作業を安全に行うため必要な照度を保持する。
  • 地山の種類、掘削高さに応じた掘削勾配を遵守する。
  • 物体の飛来落下による労働者の危険を防止するため、労働者に保護帽を着用させる。
  • 地山の崩壊等による危険の防止のため、防護網等を設置する。
  • 運搬機械等が、労働者の作業箇所に後進して接近するとき、または転落するおそれのあるときは、誘導者を配置し、その者にこれらの機械を誘導させる。
  • あらかじめ、運搬機械等の運行の経路並びにこれらの機械の土石の積卸し場所への出入りの方法を定めて、これを関係労働者に周知させる。
  • 形状、地質および地層の状態や埋設物等の有無をボーリングその他適当な方法により調査し、掘削の時期および順序を定める。
  • 埋設物等により労働者に危険を及ぼすおそれのあるときは、これらを補強し、移設する等の措置が講じられた後で作業を行わせる。
  • 掘削機械、積込機械および運搬機械の使用によるガス導管、地中電線路等の損壊により労働者に危険を及ぼすおそれのあるときは、これらの機械の使用を禁止する。

 

 

コメント

覚えやすいもの、かつその他の作業においても回答となるものを青字で表記し、次点を赤字で表記した。黒字は覚えにくいもの、かつその他の作業の回答とならないものとしている。

①直接指揮、②器具・工具の点検、③保護帽を着用させるはそもそも作業主任者の義務なのでかなり回答しやすい。

▼作業主任者の義務をまとめたものへのリンク

testing.hatenadiary.jp

 

④防護網、⑤必要照度の確保、⑥誘導者の配置も頻出のワードになっている。

 

▼その他の頻出ワードへのリンク

testing.hatenadiary.jp

 

 

 

点検条件、内容のまとめへのリンク

testing.hatenadiary.jp

 

同様の問題へのリンク

testing.hatenadiary.jp

 

似ている問題へのリンク

testing.hatenadiary.jp

 

カテゴリ:安全へのリンク

testing.hatenadiary.jp

 

分野ごとの過去問まとめへのリンク

testing.hatenadiary.jp