一級土木技術検定実地試験に向けての対策ブログ

【穴埋め】構造物と盛土の接続部の施工に関する留意点 H29問2

  • 橋台やカルバートなどの裏込め材料としては、非圧縮性(イ)性があり、水の浸入による強度の低下が少ない安定した材料を用いる。
  • 盛土を先行して施工する場合の裏込め部の施工は、底部が(ロ)になり面積が狭く、締固め作業が困難となり締固めが不十分となりやすいので、盛土材料を厚く敷き均しせず、小型の機械で入念に施工を行う。
  • 構造物裏込め付近は、施工中や施工後において水が集まりやすいため、施工中の排水(ハ)を確保し、また構造物壁面に沿って裏込め排水工を設け、構造物の水抜き孔に接続するなどの十分な排水対策を講じる。
  • 構造物が十分な強度を発揮した後でも裏込めやその付近の盛土は、構造物に偏土圧を加えないよう両側から(ニ)に薄層で施工する。
  • (ホ)は、盛土と橋台などの構造物との取付け部に設置し、その境界に生じる段差の影響を緩和するものである。
太字:合わせて覚えたいおきたいところ

 

 

回答

(イ)透水

(ロ)くさび形

(ハ)勾配

(二)均等

(ホ)踏掛版