一級土木技術検定実地試験に向けての対策ブログ

【穴埋め】コンクリートの現場内運搬についての留意点 H29問3

  • コンクリートポンプによる圧送に先立ち、使用するコンクリート(イ)以下の先送りモルタルを圧送しなければならない。
  • コンクリートポンプによる圧送の場合、輸送管の管径が(ロ)ほど圧送負荷は小さくなるので、管径の(ロ)輸送管の使用が望ましい。
  • コンクリートポンプの機種及び台数は、圧送負荷(ハ)単位時間当たりの打込み量日の総打込み量及び施工場所の環境条件などを考慮して定める。
  • 斜めシュートによってコンクリートを運搬する場合、コンクリート(二)が起こりやすくなるため、縦シュートの使用が標準とされている。
  • バケットによるコンクリートの運搬では、バケット(ホ)とコンクリートの品質変化を考慮し、計画を立て、品質管理を行う必要がある。

 

太字:合わせて覚えたいおきたいところ

 

 回答

(イ)水セメント比
(ロ)大きい
(ハ)吐出量
(ニ)材料分離
(ホ)打込み速度

 

 

testing.hatenadiary.jp