一級土木技術検定実地試験に向けての対策ブログ

【穴埋め】事業者が実施すべき安全対策に関する事項(労働安全衛生規則) H29問5

問題文

  • 車両系建設機械の転落、地山の崩壊等による労働者の危険を防止するため、あらかじめ、当該作業に係る場所について地形、(イ)の状態を調査し、その結果を(ロ)しておかなければならない。
  • 岩石の落下等により労働者に危険が生ずるおそれのある場所で、ブルドーザやトラクターショベル、パワーショベル等を使用するときは、その車両系建設機械に堅固な(ハ)を備えていなければならない。
  • 車両系建設機械の運転者が運転位置から離れるときは、バケット、ジッパー等の作業装置を(二)こと、また原動機を止め走行ブレーキをかける等の措置を講ずること。
  • 車両系建設機械の転倒やブーム、アーム等の作業装置の破壊による労働者の危険を防止するため、構造上定められた安定度(ホ)荷重等を守らなければならない。

 

 

太字:合わせて覚えたいおきたいところ

 

 回答

(イ)地質

(ロ)記録

(ハ)ヘッドガード

(ニ)下ろす

(ホ)最大使用

 

 

 

分野ごとの過去問まとめへのリンク

testing.hatenadiary.jp