一級土木技術検定実地試験に向けての対策ブログ

【穴埋め】施工計画の立案に際して留意すべき事項について H29問6

  • 施工計画は、設計図書及び(イ)の結果に基づいて検討し、施工方法、工程、安全対策、環境対策など必要な事項について立案する。
  • 関係機関などとの協議・調整が必要となる工事では、その協議・調整内容をよく把握し、特に都市内工事にあたっては、(ロ)災害防止上の安全確保に十分留意する。
  • 現場における組織編成及び(ハ)指揮命令系統が明確であること。
  • 環境保全計画の対象としては、建設工事における騒音、(二)、掘削による地盤沈下や地下水の変動、土砂運搬時の飛散、建設副産物の処理などがある。
  • 仮設工の計画では、その仮設物の形式や(ホ)計画が重要なので、安全でかつ能率のよい施工ができるよう各仮設物の形式、(ホ)及び残置期間などに留意する。

 

太字:合わせて覚えたいおきたいところ

 

 回答

(イ)事前調査

(ロ)三者

(ハ)業務分担

(二)振動

(ホ)配置