一級土木技術検定実地試験に向けての対策ブログ

【記述】軟弱地盤対策工法の概要と期待される効果(2題選択) H29問7

f:id:masa_mn:20180801084123p:plain

以下から2つを選んで答える。

載荷盛土工法

概要

盛土や構造物の計画されている地盤にあらかじめ荷重をかけて沈下を促進した後、あらためて計画された構造物を造り、構造物の沈下を軽減させる工法

効果

圧密沈下の促進、強度増加の促進

 

サンドコンパクションパイル工法

概要

振動などにより砂を圧入し、強固に締固めた砂杭を造成する工法

効果

すべり抵抗の増加、全沈下量の減少、液状化の防止

  

 

薬液注入工法

概要

水ガラスなどの薬液を地盤の間隙に圧入し、地盤の透水性を減少させ、地盤の強度を増加させる工法

効果

すべり抵抗の増加、全沈下量の減少

 

荷重軽減工法

概要

盛土材料に発泡材、軽石、スラグなど軽量材料を使用することにより盛土の重量軽減し、地盤へ与える影響を軽減する工法。

効果

全沈下量の減少、強度低下の抑制

 

押え盛土工法

概要

本体盛土施工に先行して側方に押さえ盛土を施工して、すべりに対するモーメント抵抗を増加させる工法。

効果

すべり抵抗の増加、せん断変形の抑制

 

 

似たような問題へのリンク

testing.hatenadiary.jp

 

分野ごとの過去問まとめへのリンク

testing.hatenadiary.jp