一級土木技術検定実地試験に向けての対策ブログ

【記述】鉄筋の加工および組立の検査、鉄筋の継手の検査に関する品質管理項目とその判定基準を5つ H29問9

f:id:masa_mn:20180801084123p:plain

①と②から合計5つ選択する。

①鉄筋の加工および組立の検査

品質管理項目ー判定基準

  •  接手および定着の位置・長さー設計図書通りであること
  • かぶりー耐久性照査で設定したかぶり以上であること
  • スペーサの数量ー梁・床板:4個/m2以上、柱:2個/m2以上
  • 鉄筋の固定方法ーコンクリート打込みに際し、変形・移動の恐れのないこと
  • 中心間隔ー許容誤差:±20mm
  • あきー梁:20mm以上、粗骨材寸法の4/3倍以上、鉄筋径以上、柱:40mm以上、粗骨材寸法の4/3倍以上、鉄筋径の1.5倍以上

 

②鉄筋の継手の検査

品質管理項目ー判定基準

  • 継手位置ー同一断面に集中させないこと。重ね継手の場合は継手長さに鉄筋径の25倍以上を加えた長さ以上ずらす。ガス圧接継手の場合は鉄筋径の25倍以上ずらす。
  • 重ね継手の重ね合わせ長さー鉄筋径の20倍以上
  • ガス圧接継手の軸心の偏心ー鉄筋径の1/5以下
  • ガス圧接継手のふくらみー鉄筋径の1.4倍以上
  • ガス圧接継手のふくらみの長さー鉄筋径の1.1倍以上
  • ガス圧接継手の超音波探傷試験ー検査ロットごとに30箇所のサンプリングの試験を行い、不合格箇所数が1箇所以下の場合はそのロットを合格とする。

 

testing.hatenadiary.jp