一級土木技術検定実地試験に向けての対策ブログ

【記述】明り掘削作業および型わく支保工の組立て又は解体の作業時に事業者が実施すべき安全対策について H30問10

問題文

建設工事現場における作業のうち,次の(1)又は(2)のいずれか1つの番号を選び,番号欄に記入した上で,記入した番号の作業に関して労働者の危険を防止するために,労働安全衛生規則の定めにより事業者が実施すべき安全対策について解答欄に5つ記述しなさい。

(1)明り掘削作業(土止め支保工に関するものは除く)
(2)型わく支保工の組立て又は解体の作業
 

 

f:id:masa_mn:20190114141752p:plain

 

解答

(1)明り掘削作業(土止め支保工に関するものは除く)

  • 掘削面の高さが二メートル以上となる地山の掘削を行う場合は、地山の掘削及び土止め支保工作業主任者技能講習を修了した者のうちから、地山の掘削作業主任者を選任する。
  • 点検者を指名して、作業箇所及びその周辺の地山について、その日の作業を開始する前等に、浮石、き裂、含水、湧水等の状態や変化などを点検させる。
  • 手掘りにより地山の掘削の作業を行なうときは、掘削面のこう配を、地山の種
    類と掘削面の高さに応じて定められた値以下とする。
  • 掘削機械、積込機械及び運搬機械の使用によるガス導管、地中電線路等の地下
    に存する工作物の損壊のおそれのあるときは、これらの機械を使用しない。
  • 運搬機械等が、労働者の作業箇所に後進して接近するとき、又は転落するおそ
    れのあるときは、誘導者を配置し、その者にこれらの機械を誘導させる。
  • 物体の飛来又は落下による労働者の危険を防止するため、当該作業に従事する
    労働者に保護帽を着用させる。
  • 当該作業を安全に行なうため必要な照度を保持する。

 

(2)型わく支保工の組立て又は解体の作業 

  • 型わく支保工を組み立てるときは、組立図を作成し、かつ、当該組立図により
    組み立てる。
  • 敷角の使用、コンクリートの打設、くいの打込み等支柱の沈下を防止するため
    の措置を講ずる。
  • 支柱の脚部の固定、根がらみの取付け等支柱の脚部の滑動を防止するための措
    置を講ずる。
  • 支柱の継手は、突合せ継手又は差込み継手とする。
  • 作業中に型わく支保工に異状が認められた際における作業中止のための措置を
    あらかじめ講じておく。
  • 当該作業を行なう区域には、関係労働者以外の労働者の立ち入りを禁止する。
  • 型枠支保工の組立て等作業主任者技能講習を修了した者のうちから、型枠支保
    工の組立て等作業主任者を選任する。

 

 

分野ごとの過去問まとめ

testing.hatenadiary.jp